これ上がるやつだ!メタップスのPLC(プラスコイン)




みやちー(@yumiya_work)です。

2017年、メタップスプラス(Metaps Plus)のPLC(プラスコイン)のICOが注目されましたね。

このPLC(プラスコイン)ですが、QRYPTOSという取引所に5/29に上場することが決まりました。
メタップスのIRニュース5/24分をご確認ください!http://www.metaps.com/ir/news

Zaifへの上場も予定されていて、今後が期待できそうですから情報整理を兼ねて記事にしてみました。

PLC(プラスコイン)とメタップスプラス(Metaps Plus)とは?

PLC(プラスコイン)は、韓国の会社メタップスプラス(Metaps Plus)が発行したERC-20トークンです。
CoinRoom(コインルーム)という取引所の開設を目的としてICOが行われました。

  • PlusCoin(PLC) Etherscan
  • 総発行枚数 8,890,164PLC(889万枚)
  • ICO価格 1PLC=0.005ETH(ICO期間中のレートで約170円)
  • 最小販売額 30,000ETH
  • 最大販売完了額 100,000ETH
  • ICO期間 20171年9月26日~2017年10月10日
  • ICO調達額 10億円超え

↓このような同名の別コインがありますので、間違えないように注意してください。

 

東証マザーズ上場のフィンテック界で注目されているメタップス(6172)。
その韓国の子会社がメタップスプラス(Metaps Plus)となります。

Metaps Plusは、2016年6月に設立されたモバイルプラットフォーム企業です(CEO Seungyeon Kim)。メタップスが、2013年に韓国で現地法人を設立し、2015年11月にはモバイルマーケティング企業「Nextapps」を買収。韓国No.1のポイントプラットフォーム”NAS”(商標登録 4012646300000)を運営し、30万DAUと毎年約1億回のアプリダウンロードが行なわれている。2016年1月には、モバイル電子マネー企業「Smartcon」を買収。国内最大級のモバイル電子マネープラットフォームを運営、国内約7千余の加盟店と提携し、毎年約1千億ウォンの取引を行っている。

引用元:https://b2b-ch.infomart.co.jp/news/detail.page?0&IMNEWS1=680574

メタップスプラス(Metaps Plus)は、ポイント・電子マネー決済アプリを扱う韓国の大手企業です。
決済利用可能な店舗は4万店を超えるそうですよ。

サービスのひとつで既に稼働しているアプリ「スマートプラス」で仮想通貨(暗号通貨)も使えるようになります。
こちらの方がスマートプラスのレビューをされています。

取引所CoinRoom(コインルーム)は2017年11月11日にサービス開始しており、PLC(プラスコイン)は上場済みです。
しかし、韓国の規制は厳しく、今のところ外国人は認証ができず出金もできません。
規制が整ってから徐々に利用者が増えていくことになるでしょうか。

日本人、アメリカ人、シンガポール人はICOにも参加できませんでしたので、外部の上場取引所が増えてくると買いが先行する可能性がありますね。
今回上場したQRYPTOSは日本人は利用できないので、次の取引所に期待です。

 

PLC(プラスコイン)を保有するメリットは次の通りです。

  • PLC(プラスコイン)の保有量に応じて、四半期ごとにCoinRoom(コインルーム)の利益の一部をETHまたはPLCで受け取れる。
  • CoinRoom(コインルーム)の取引量、利益、運営コストなどの情報を見ることができる。
  • PLC(プラスコイン)の保有量に応じて、CoinRoom(コインルーム)の取引手数料の一部が返ってくる。

0~1,000PLC:返還率 0%
1,000~10,000PLC:返還率 25%
10,000~100,000PLC:返還率 50%
100,000~:返還率 100%

つまり、価格上昇しやすい取引所トークンでありながら、実世界で使える実需面も準備できているという通貨になります。
今後がとても楽しみですね。

PLC(プラスコイン)注目のポイント

IRニュースで投資家に向けてきちんと報告をする、そんな扱いがきちんとした通貨です。
他と比べて、プロジェクトがscamかどうか考える必要がないという点は安心して買える材料になりますね。

あとは成功するのか、大成功するのかというところですが、その点も心配ないように思いますよ。

Achain(ACT)と技術パートナーとして提携
ゲームプラットフォームにAchain(ACT)の技術を導入するそうです。(メタップスプラス(Metaps Plus)はゲームアプリも扱っています)
また、2018年前半でAchain(ACT)のCoinRoom(コインルーム)上場も予定されています。
A-chain、戦略的業務協約を締結

ADA(エイダ)との提携
ADA(エイダ)との提携により、ADAが決済で使えるようになります。
世界的に知られているADAが使えるということだけ宣伝効果はかなり大きく、PLC(プラスコイン)が知られる機会も増えるでしょう。
当然、ADAのCoinRoom(コインルーム)上場もあるはずです。
http://coinpost.jp/?p=25849

ZaifとCoinRoomの相互上場
ZaifにはPLCが、CoinRoomにはCOMSAがという形で相互に上場することが予定されています。
金融庁からの業務改善命令の対応が済んでからになるでしょうか。
ちなみに、NEMもCoinRoomに上場予定です。

Metaps+社が今年ローンチ予定の韓国の取引所Coinroomと、弊社Zaifとで、COMSAトークンとPLCトークンの相互上場を目指します。詳細はまた追々お知らせいたします。現在、利用殺到による高負荷に対応するためCOMSAをメンテしてますが、もうしばしお待ちくださいませ。 https://t.co/vcvlXcHe7Z

— Takao Asayama ? 朝山貴生 (@TakaoAsayama) 2017年10月4日

三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行との提携
直接CoinRoom(コインルーム)やPLC(プラスコイン)とは関係ありませんが、メタップスはスマホQRコード決済アプリで三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行と提携しています。
2018年6月から実証実験が行われるため、いずれ利用に関する報告があるはずです。
スマホを使ったQRコード決済は、仮想通貨(暗号通貨)の普及を容易に連想させるため、メタップスが関わるPLC(プラスコイン)にも注目が集まるはずです。
https://www.businessinsider.jp/post-167429

サービスの本格始動間近

2018年6月 PlusCoin Storeがオープン
2018年7月 PlusCoin SDK公開
2018年9月 レンディングプラットフォーム公開

そして、メタップスプラス(Metaps Plus)の子会社Smartconは、全国に1万2000以上の店舗を持つ韓国で人気の大手コンビニGS25のモバイル商品券を2018年2月から販売している。
そのコンビニGS25でアプリ「スマートプラス」による決済が検討されており、将来的に仮想通貨(暗号通貨)での決済が可能になる見込み。

また、韓国国内で最大手の美容室ブランド「パク・スンチョルヘアスタジオ」向けのモバイル商品券も販売している。
アプリ「スマートプラス」を利用して、電子マネーやポイントによる購入は既に可能だ。
2018年前半で仮想通貨(暗号通貨)による購入が可能となる予定です。

韓国に出張で行ったことがあるのですが、クレジットカードでの支払いは当たり前という感じでキャッシュレス化が進んでいました。
電子マネーやポイントでの支払い文化が根付いているのも納得。
日本と違って韓国で仮想通貨(暗号通貨)が普及するのは早いと思います!

価格の伸びしろが大きい

当初のICO販売数量から、PLC(プラスコイン)の数量は約1100万PLCだったそうですが、ICO参加が禁止されていた外国人が誤って購入していたために後になって返金、その分約200万PLCがバーンされたようです。

ということは市場に出ているPLC(プラスコイン)のおおよその数量は1100万PLC×0.7-200万PLC=570万PLCということになるんでしょうか?

これビックリするくらい少ないです。
冷え切った2018年5月24日の市場で考えてみても、時価総額200位(約53億円)に到達するだけで1PLC=930円です。今が138円くらいですから7倍です。

市場の回復とPLC(プラスコイン)の実力をみれば1000円は軽く超えるのかなと思えます。

なんと言っても、Zaif上場というmoonが約束されたような材料がありますしね・・・
2018年はPLC(プラスコイン)が日本を騒がせてくれる予感です。

さいごに

こうやって各情報を見てみると、本当に安心して買える通貨だと思いました。

稼働している決済サービスの実績あり、Zaifへの上場やADA,NEM上場の話題となる材料あり。
足りないのは取引できる取引所だけという感じです。

QRYPTOSに続く取引所への上場が待ち遠しいですね。
CoinRoom(コインルーム)の外国人利用も早くしてほしい!

 

現在、ホワイトペーパーVer.2が作成中のようです。
http://plus-coin.com/en/

最初のホワイトペーパーから内容修正や追加情報があるかもしれませんので、公開次第確認してみようと思います。
ホワイトペーパー第一弾:http://plus-coin.com/pdf/PlusCoin_WhitePaper_en.pdf

 

Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
ポチッとシェアをお願いします
自己完結型のお小遣い稼ぎ