ハードウェアウォレット比較 TREZORトレザー,Ledger Nano SレジャーナノS,Digital BitBoxデジタルビットボックス迷ったらどれ?




暗号通貨(仮想通貨)をどうやって保管していますか?

マウントゴックス(Mt.Gox)、コインチェック(CoinCheck)、バイナンス(Binance)などで起こったような、不正送金やハッキング被害は世界中の取引所で日々発生していますね。

暗号通貨(仮想通貨)の管理は自己責任ですので、安全に資産を管理するのにハードウェアウォレットは必須です。

ハードウェアウォレットはいくつかありますが、
今回は信頼できる3つのハードウェアウォレットを比較しましたので、紹介したいと思います。

  • TREZOR(トレザー)
  • Ledger Nano S(レジャーナノS)
  • Digital BitBox(デジタルビットボックス)

一応・・・ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットは「秘密鍵」という、コインを利用する際に必要な鍵が入ったものです。

ハードウェアウォレット自体にコインは入っていません。
自分が持っているコインはブロックチェーンにあり、そこにあるコインを使うのに鍵が必要ということですね。

取引所を使っていて、自分のアドレスは知っていても秘密鍵なんて知らないですよね?
それは、ブロックチェーンにアクセスしているのは、自分ではなく鍵を持っている取引所だからです。

つまり、取引所が潰れればあなたはブロックチェーンにアクセスできない=コインを失う、ということです。

ハードウェアウォレットを使えば、

  • ブロックチェーンにあるコインの管理権限は完全に自分のもの
  • ネット環境から離れた端末(ハードウェアウォレット)に鍵があり、鍵の流出を防げる
  • 端末の起動にはPINコードの入力が必要なので、紛失しても勝手に使われない
  • 紛失・故障した場合、リカバリーフレーズを使い別の端末で復元可能

 

なぜ、ハードウェアウォレットが安全と言われているのか、仕組みが分かれば理解できますね。

TREZOR、Ledger Nano S、Digital BitBoxを比較

製品 TREZOR Ledger Nano S Digital BitBox
対応通貨 Bitcoin(BTC)
Bitcoin Cash(BCH)
Bitcoin Gold(BTG)
Ethereum(ETH)
(ERC-20トークン対応)
Ethereum Classic(ETC)
Litecoin(LTC)
Dash(DASH)
Zcash(ZEC)
Expanse(EXP)
UBIQ(UBQ)
Dogecoin(DOGE)NEM(XEM)
Namecoin(NMC)
MonaCoin(MONA)
対応通貨
Bitcoin(BTC)
Bitcoin Cash(BCH)
Bitcoin Gold(BTG)
Ethereum(ETH)
(ERC-20トークン対応)
Ethereum Classic(ETC)
Litecoin(LTC)
Dash(DASH)
Zcash(ZEC)
Expanse(EXP)
UBIQ(UBQ)
Dogecoin(DOGE)Ripple(XRP) Stratis(STRAT) Komodo(KMD)
Ark(ARK)
Vertcoin(VTC)
Viacoin(VIA)
Neo(NEO)
Stealthcoin(XST)
Stellar(XLM)
Hcash(HSR)
Digibyte(DGB)
Qtum(QTUM)
PivX(PIVX)
対応通貨
Bitcoin(BTC)
Ethereum(ETH)
(ERC-20トークン対応)
Ethereum Classic(ETC)
Litecoin(LTC)
対応通貨
 対応環境 Windows、macOS、Linux、Android Windows、macOS、Linux、Chrome OS Windows、macOS、Linux
サイズ 30mm✕60mm✕6mm 98mm✕18mm✕9mm 45mm✕18mm✕0.7mm
 国/企業 チェコ共和国/SatoshiLabs フランス/Ledger SAS スイス/Shift Devices AG
値段 ¥9,460
(2018.04.06)
¥15,800
(2018.04.06)
¥8,980
(2018.04.06)

ここがTREZOR(トレザー)の特徴

公式サイト:https://trezor.io/
正規代理店:https://trezor.io/resellers/
日本語マニュアル:https://corp.zaif.jp/trezor-user/

対応通貨については、ネムとモナコインに対応しているのが特徴です。

そして、アンドロイド(Android)に対応していますので、スマホさえあれば使えます

使用者の感想として使いやすさがよく挙げられています。
送金ミスなどを防ぐためにも、この点を重視したい方は多いですね。

 

ここがLedger Nano S(レジャーナノS)の特徴

公式サイト:https://www.ledgerwallet.com/
正規代理店:https://www.ledgerwallet.com/retailers
日本語マニュアル:https://hardwarewallet-japan.com/ledger-nano-s-start/

対応通貨が他と比べて圧倒的に多いです。
ランキング上位のRipple(XRP)、Stellar(XLM)、Neo(NEO)などにも対応していますから、これらの通貨をハードウェアウォレットで安全に保管したい場合の選択肢はLedger Nano Sですね。

USBメモリと同様の形状ですから持ち運びしやすいですし、しっかりと全体が保護される構造です。
持ち運ぶことが多いでしょうから、この点とてもうれしいですね。

現状、スマートフォンでの管理は行なえませんが、スマートフォン用アプリ(Android&iOS)が2018年Q3で予定されています。
スマホで管理したい!という方には朗報です。

定番のハードウェアウォレットのため、安心して使えますね。

 

ここがDigital BitBox(デジタルビットボックス)の特徴

公式サイト:https://shiftcrypto.ch/
正規代理店:https://shiftcrypto.ch/resellers
日本語マニュアル:https://www.digitalbitbox-japan.com/blank-4

Digital BitBox(デジタルビットボックス)はここ最近で急激に注目度を上げているハードウェアウォレットです。
小さく、安いけど、セキュリティはしっかりしているという印象です。
(端末の素材が防弾ガラスに使うもののようで、品質の高さが伺えます。)

開発・製造をすべて、金融の先進国であるスイスで行っているため、悪意のある仕掛けが入り込まない仕組みになっています。
また、端末が紛失・故障した際に復元するためのリカバリーフレーズをMicroSDに保存して、MicroSDを接続するだけで復元できます。

リカバリーフレーズを紙に控えておく場合、書き間違えて復元不可能ということも考えられるので確実にリカバリーフレーズを控えておけるこの仕組は大きなリスクをなくせる良い方法と思います。

※SDカードには、長期放置により電荷が抜けてデータが消えるという特徴があります。
万が一に備えて、紙でもリカバリーフレーズを保管しておくのが良いかと。

 

さいごに

私はDigital BitBox(デジタルビットボックス)を選択しました。

私の場合は、イーサリアムとERC20トークンだけ保管できれば良いのと、持ち運びを考えて小さいものにしたかったからです。

また、MicroSDカードへの保存やその他細かな設計、スイスのみで設計から製造を行うなど、設計・製造・出荷において細かな配慮があり、信頼して使っていけると思いました。

今後、TREZOR(トレザー) とLedger Nano S(レジャーナノS)に並び、使用されていくものになるかなと思います!

 

Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
ポチッとシェアをお願いします
自己完結型のお小遣い稼ぎ