DFINITY(DFN)ホワイトペーパー日本語訳①




へっぽこホワイトペーパー翻訳家のみやちー(@yumiya_work)です。

DFINITY(DFN)のことをよく知りたいと思い、勉強中です。
まずはホワイトペーパーの内容を理解するために、Google翻訳しましたので公開します。
第一弾として1~3章、導入と概要になります。

https://dfinity.org/pdf-viewer/pdfs/viewer?file=../library/dfinity-consensus.pdf

DFINITY Technology Overview Series Consensus System

DFINITYテクノロジー概要シリーズコンセンサスシステム

Rev.1

Timo Hanke, Mahnush Movahedi and Dominic Williams

ABSTRACT 抽象

The Dfinity blockchain computer provides a secure, performantand flexible consensus mechanism.
Dfinityブロックチェーンコンピュータは、安全で実績のある柔軟なコンセンサスメカニズムを提供します。

While first defined for a permissioned participation model, the consensus mechanism  itself can bepaired with any method of Sybil resistance (e.g. proof-of-work orproof-of-stake) to create an open participation model.
最初に許可された参加モデルのために定義されているが、合意メカニズムそのものは、シビル耐性(例えば、実証実験またはステークフル・オブ・ステーク)の任意の方法と組み合わせて、オープン参加モデルを作成することができる。

Dfinity’s greatest strength is unfolded in the most challenging proof-of-stake case.
Dfinityの最大の強みは、最も困難な立証証拠のケースで展開されています。

At its core, Dfinity contains a decentralized randomness beaconwhich acts as a verifiable random function (VRF) that produces astream of outputs over time.
その中核となるDfinityには、時間の経過とともに出力ストリームを生成する検証可能なランダム関数(VRF)として機能する分散型ランダムビーコンが含まれています。

The novel technique behind the beaconrelies on the existence of a unique-deterministic, non-interactive,DKG-friendly threshold signatures scheme.
独特の決定論的で非インタラクティブなDKGに優しい閾値署名方式の存在に関するビーコンの背後にある新しい技術。

The only known examples of such a scheme are pairing-based and derived from BLS[3, 10].
このようなスキームの唯一の既知の例は、ペアリングベースであり、BLSから派生したものである[3、10]。

The Dfinity blockchain is layered on top of the Dfinity beacon and uses the beacon as its source of randomness for leader selection and leader ranking.
Dfinityブロックチェーンは、Dfinityビーコンの上にレイヤードされ、ビーコンをリーダー選択とリーダーランキングのランダム性の源として使用します。

A “weight” is attributed to a chain basedon the ranks of the leaders who propose the blocks in the chain,and that weight is used to select between competing chains.
「重み」は、チェーン内のブロックを提案する指導者のランクに基づくチェーンに起因し、その重みは競合するチェーン間を選択するために使用される。

The Dfinity blockchain is further hardened by a notarization process which dramatically improves the time to finality and eliminates the nothing-at-stake and selfish mining attacks.
Dfinityブロックチェーンは、公証プロセスによってさらに強化され、最終的な時間を飛躍的に改善し、無関係で利己的なマイニング攻撃を排除します。

Dfinity’s consensus algorithm is made to scale through continuous quorum selections driven by the random beacon.
Dfinityのコンセンサスアルゴリズムは、ランダムビーコンによって駆動される連続的なクォーラム選択によってスケーリングされます。

In practice,Dfinity achieves block times of a few seconds and transaction finality after only two confirmations.
実際には、Dfinityはわずか2回のブロック時間と2回の確認後のトランザクション終了を達成します。

The system gracefully handles temporary losses of network synchrony including network splits,while it is provably secure under synchrony.
システムは、ネットワークスプリットを含むネットワーク同期の一時的な損失を正常に処理しますが、同期性の下では安全です。

1  PROLOGUE 1プロローグ

DFINITY is a decentralized network design whose protocols generate a reliable “virtual blockchain computer” running on top of a peer-to-peer network upon which software can be installed and can operate in the tamperproof mode of smart contracts.
DFINITYは分散型ネットワーク設計であり、そのプロトコルは、ソフトウェアをインストールすることができ、スマートコントラクトの改ざん防止モードで動作できるピアツーピアネットワーク上で実行される信頼できる「仮想ブロックチェーンコンピュータ」を生成します。

The goal is for the virtual computer to finalize computations quickly (usingshort block times and by requiring only a small number of blocks as”confirmations”), to provide predictable performance (by keeping the time between confirmations approximately constant), and for computational and storage capacity to scale up without bounds as demand for its services increases (using novel validation mechanisms and sharding systems discussed in our other papers).
目標は、仮想コンピュータが短時間で計算を完了させることであり(短いブロック時間を使用し、少数のブロックのみを「確認」として要求する)、予測可能なパフォーマンスを提供する(確認間の時間をほぼ一定に保つことによって)サービスの需要が高まるにつれて(新しい検証メカニズムと他の論文で論じられているシャーディングシステムを使用して)、範囲を超えて拡張する能力。

The protocols must be secure against an adversary controlling less than a certain critical proportion of its nodes, must generate cryptographic randomness (which is required by advanced decentralized applications) and must maintain a decentralized nature as it grows in size to millions of nodes.
プロトコルは、ノードの特定のクリティカルな割合以下を制御する敵対者に対して安全でなければならず、(高度な分散アプリケーションによって必要とされる)暗号のランダム性を生成しなければならず、数百万ノードの規模になるにつれて分散性を維持しなければならない。

Dfinity will be introduced in a series of technology overviews,each highlighting an independent innovation in Dfinity such as the consensus backbone, smart contract language, virtual machine,concurrent contract execution model, daemon contracts, peer-to-peer networks and secure broadcast, governance mechanism and scaling techniques.
Dfinityは、コンセンサスバックボーン、スマート契約言語、仮想マシン、コンカレント契約実行モデル、デーモン契約、ピアツーピアネットワーク、セキュアなブロードキャスト、ガバナンスなど、Dfinityの独立したイノベーションを強調する一連の技術概要で紹介されますメカニズムとスケーリング技術。

The present document will focus on the consensus backbone and cryptographic randomness.
本書は、コンセンサスバックボーンと暗号のランダム性に焦点を当てる。

Dfinity has an unbiasable, verifiable random function (VRF) built-in at the core of its protocol.
Dfinityには、そのプロトコルの核となる、unbiasable(公平?)、verifiable random function(VRF)が組み込まれています。

The VRF not only drives the consensus, it will also be the foundation for scaling techniques such as sharding, validation towers, etc. Moreover, the VRF produced by the consensus layer is available to the application layer, i.e., to the smart contracts and virtual machine.
VRFはコンセンサスを推進するだけでなく、シャーディング、検証タワーなどのスケーリング技術の基礎となります。さらに、コンセンサスレイヤーによって生成されたVRFは、アプリケーションレイヤー、つまりスマートコントラクトとバーチャル機械。

In this way, the consensus backbone is intertwined with many of the other topics.
このようにして、コンセンサスのバックボーンは他の多くのトピックと絡み合っています。

2  INTRODUCTION 2はじめに

Dfinity’s consensus mechanism has four layers as depicted in Fig. 1.
Dfinityのコンセンサスメカニズムには、図1に示すような4つの層があります。

The first layer provides registered and Sybil-resistant clientidentities.
第1層は登録されSybilに耐性のある顧客情報を提供します。

On the second layer is a decentralized random beacon.
第2の層には、分散型ランダムビーコンがある。

On the third layer is a blockchain that is driven by the random beacon through a probabilistic mechanism for leader ranking.
第3の層には、リーダーランク付けのための確率論的メカニズムを介してランダムビーコンによって駆動されるブロックチェーンがある。

On the fourth layer is a decentralized notary that provides timestamping and publication guarantees, and is ultimately responsible for nearinstant finality.
第4層には、タイムスタンピングと出版保証を提供する分権化された公証人があり、最終的には最終的な最終決定に責任があります。

Dfinity’s consensus layers and other key aspects of the consensus mechanism can be summarized in the following main categories.
Dfinityのコンセンサス層およびコンセンサスメカニズムのその他の重要な側面は、以下の主要カテゴリに要約することができます。

Figure 1:Dfinity’s consensus mechanism layers.
1.Identity layer:provides a registry of all clients.
2.Random Beacon layer: providesthe source of randomness (VRF) for all higher layers including ap-plications (smart contracts).
3.Blockchain layer: builds a blockchainfrom validated transactions via the Probabilistic Slot Protocol drivenby the random beacon.
4.Notarization layer: provides fast finalityguarantees to clients and external observers.
図1:Dfinityのコンセンサスメカニズムレイヤ
1.アイデンティティ層:すべてのクライアントのレジストリを提供します。
2.ランダムビーコン層:アプリケーション(スマートコントラクト)を含むすべての上位レイヤのランダム性(VRF)を提供します。
3.ブロックチェーン層:ランダムビーコンによって駆動される確率的スロットプロトコルを介して、有効なトランザクションからブロックチェーンを構築する。
4.公証層:クライアントおよび外部のオブザーバーに迅速な最終保証を提供する。

1st layer: Identities and Registry.
第1層:アイデンティティとレジストリ。

The active participants in the Dfinity network are called clients.
Dfinityネットワークのアクティブな参加者は、クライアントと呼ばれます。

All clients in Dfinity are registered, i.e., have permanent, pseudonymous identities.
Dfinityのすべてのクライアントは登録されています。つまり、永続的な偽名のIDを持っています。

The registration of clients has advantages over the typical proof-of-work blockchains where it is impossible to link different blocks to the same miner.
クライアントの登録は、異なるブロックを同じ鉱夫にリンクすることが不可能な典型的な作業証明ブロックチェーンに勝る利点があります。

For example, if registration requires a security deposit, a misbehaving client would lose its entire deposit, whereas a miner in a typical proof-of-work blockchain would only forego the block reward during the time of misbehavior.
たとえば、登録に保証金が必要な場合、不正なクライアントはその預金全体を失いますが、典型的な作業証明ブロックチェーンの鉱夫は、誤動作の時にブロック報酬を控えるだけです。

As a result, the penalty for misbehavior can be magnitudes larger for registered identities than it can be for unregistered identities.
結果として、不正行為に対するペナルティは、登録されたアイデンティティの場合には、登録されていないアイデンティティの場合よりも大きいことがあります。

This is particularly important as blockchains can track unbounded external value that exceeds the value of the native token itself.
これは、ブロックチェーンがネイティブトークン自体の値を超える無制限の外部値を追跡できるため、特に重要です。

Moreover, Dfinity supports open membership by providing a protocol to register new clients via a stake deposit with a lock-up period.
さらに、Dfinityは、ロックアップ期間を持つステーク預金を利用して新規顧客を登録するためのプロトコルを提供することにより、オープンメンバーシップをサポートしています。

This is the responsibilityof the first layer. これは第1層の責任である。

2nd layer: Random Beacon. 第2層:ランダムビーコン。

The random beacon in the second layer is an unbiasable, verifiable random function (VRF) that is produced jointly by registered clients.
第2層のランダムビーコンは、登録されたクライアントによって共同で生成される、アンバイザブルで検証可能なランダム関数(VRF)である。

Each random output of the VRF is unpredictable by anyone until just before it becomes available to everyone.
VRFの各ランダム出力は、誰にでも利用可能になる直前まで、誰にでも予測できません。

This is a key technology of the Dfinity system which relies on a threshold signature scheme with the properties of uniqueness and non-interactivity.
これは、一意性と非対話性の特性を持つしきい値署名方式に依存するDfinityシステムの重要な技術です。

The BLS signature scheme is the only practical scheme that can provide these features, and Dfinity has a particularly optimized implementation of BLS built in [2,11].
BLS署名方式は、これらの機能を提供できる唯一の実用的な方式であり、Dfinityは[2,11]で構築されたBLSの特に最適化された実装を備えています。

Using a threshold mechanism for randomness creation solves the fundamental “last actor” problem.
乱数生成のための閾値機構を用いることは、基本的な「最後のアクター」問題を解決する。

Any decentralized protocol for creating public randomness without a threshold mechanism suffers from the problem that the last actor in that protocol knows the next random value and can decide to abort the protocol.
しきい値機構を持たない公開ランダム性を作成する分散型プロトコルは、そのプロトコルの最後のアクタが次のランダム値を知っており、プロトコルを中止することを決定できるという問題があります。

3rd layer: Blockchain and fork resolution. 第3層:ブロックチェーンとフォークの解像度。

The third layer deploys the “probabilistic slot protocol” (PSP).
第3層は、「確率的スロットプロトコル」(PSP)を展開する。

This protocol ranks the clients for each height of the chain, in an order that is derived deterministically from the unbiased output of the random beacon for that height.
このプロトコルは、その高さに対するランダムビーコンのバイアスされていない出力から決定論的に導出される順序で、チェーンの各高さについてクライアントをランク付けする。

A weight is then assigned to block proposals based on the proposer’s rank such that blocks from clients at the top of the list receive a higher weight.
次に、提案者のランクに基づいてプロポーザルをブロックするために重み付けが割り当てられ、リストの先頭のクライアントからのブロックがより高い重みを受けるようになります。

Forks are resolved by giving favor to the “heaviest” chain in terms of accumulated block weight – quite similar to how traditional proof-of-work consensus is based on the highest accumulated amount of work.
フォークは、累積ブロック重量の点で「重い」チェーンに有利になることによって解決されます。これは、従来の作業証明コンセンサスが最も高い累計作業量に基づく方法と非常によく似ています。

The first advantage of the PSP protocol is that the ranking is available instantaneously, which allows for a predictable, constant block time.
PSPプロトコルの第1の利点は、ランク付けが瞬時に利用可能であり、予測可能で一定のブロック時間を可能にすることである。

The second advantage is that there is always a single highest-ranked client which allows for a homogenous network bandwidth utilization.
第2の利点は、常に均等なネットワーク帯域幅利用を可能にする最高ランクのクライアントが1つ存在することである。

Instead, a race between clients would favor a usage in bursts.
代わりに、クライアント間の競争はバーストで使用を好むでしょう。

4th layer: Notarization and near-instant finality. 第4層:公証とほぼ即時の最終決定。

Finality of a given transaction means a system-wide consensus that a given transaction has been irreversibly executed.
特定のトランザクションの最終性とは、特定のトランザクションが不可逆的に実行されたというシステム全体のコンセンサスを意味します。

While most distributed systems require rapid transaction finality, existing blockchain techniques are unable to provide it.
ほとんどの分散システムではトランザクションの迅速な処理が必要ですが、既存のブロックチェーン技術ではそれを提供できません。

Dfinity deploys the novel technique of block notarization in its fourth layer to speed up finality.
Dfinityは、第4層にブロック公証の新しい技術を導入し、最終的なスピードアップを図ります。

A notarization is a threshold signature under a block created jointly by registered clients.
公証は、登録されたクライアントによって共同で作成されたブロックの下のしきい値署名です。

Only notarized blocks can be included in a chain.
チェーンには、公証済みブロックのみを含めることができます。

Of all the block candidates that are presented to a client for notarization, the client only notarizes the highest-ranked one with respect to a publicly verifiable ranking algorithm driven by the random beacon.
公証のためにクライアントに提示されるすべてのブロック候補のうち、クライアントは、ランダムビーコンによって駆動される公的に検証可能なランキングアルゴリズムに関して最も高い順位のものだけを公証する。

It is important to emphasize that notarization is not consensus because it is possible, due to adverse timing, for more than one block to get notarized at a given height.
特定の高さで複数のブロックが公証される可能性があるため、公証はコンセンサスではないことを強調することが重要です。

This is explicitly tolerated and an important difference to other proof-of-stake proposals that apply full Byzantine agreement at every block.
これは明らかに許容されており、あらゆるブロックで完全なビザンチン合意を適用する他の立証証拠提案との重要な違いです。

Dfinity achieves its high speed and short block times exactly because notarization is not full consensus.
公証が完全合意ではないため、Dfinityはその高速で短いブロック時間を正確に達成します。

However, notarization can be seen as optimistic consensus because it will frequently be the case that only one block gets notarized.
しかし、1つのブロックだけが公証されるケースが頻繁に起こるため、公証は楽観的合意として見ることができます。

Whether this is the case can be detected after one subsequent block plus a relay time (cf. Theorem 9.3).
これが当てはまるかどうかは、1つの後続ブロックとリレー時間の後に検出することができる(定理9.3参照)。

Hence, whenever the broadcast network functions normally a transaction is final in the Dfinity consensus after two notarized confirmations plus a network traversal time.
したがって、ブロードキャストネットワークが正常に機能するときはいつでも、トランザクションは、公証の2つの確認とネットワークのトラバーサル時間の後にDfinityコンセンサスで最終的です。

We like to emphasize that a notarization in Dfinity is not primarily a validity guarantee but rather a timestamp plus a proof of publication.
Dfinityの公証は、主に有効性の保証ではなく、タイムスタンプと公表の証明であることを強調したいと思います。

The notarization step makes it impossible for the adversary to build and sustain a chain of linked, notarized blocks in secret.
公証のステップは、敵対者がリンクされた公証されたブロックを密かに構築し、維持することを不可能にする。

For this reason, Dfinity does not suffer from the selfish mining attack [4] or the nothing-at-stake problem.
このため、ディフィニティはセルフィッシュマイニング[4]やnothing-at-stake問題を抱えていません。

Threshold Relay and Network Scalability.
しきい値リレーおよびネットワークスケーラビリティ。

Dfinity’s consensus is designed to operate on a network of millions of clients.
Dfinityのコンセンサスは、数百万のクライアントからなるネットワーク上で動作するように設計されています。

To enable scalability to this extent, the random beacon and notarization protocols are designed such that they can be safely and efficiently delegated to a committee.
この程度までスケーラビリティを有効にするために、ランダムビーコンおよび公証プロトコルは、安全かつ効率的に委員会に委任できるように設計されています。

A committee is a randomly sampled subset of all registered clients that deploys a threshold mechanism (for safety) that is moreover non-interactive (for efficiency).
委員会は、(安全性のための)しきい値メカニズムを展開する、登録されたすべてのクライアントのランダムにサンプリングされたサブセットであり、さらに非対話型(効率性のため)です。

In Dfinity, the active committee changes regularly.
ディフィニティでは、アクティブな委員会が定期的に変更されます。

After having temporarily executed the protocol on behalf of all clients, the committee relays the execution to another pre-configured committee.
すべてのクライアントに代わってプロトコルを一時的に実行した後、委員会は実行を別の事前構成された委員会に中継する。

We call this technique “Threshold Relay” in Dfinity.
Dfinityでは、この手法を「しきい値リレー」と呼びます。

Consistency vs availability. 一貫性と可用性

It is worth noting that network splits are implicitly detectable by Dfinity and are handled conservatively.
ネットワークスプリットはDfinityによって暗黙的に検出可能であり、控えめに扱われることは注目に値する。

This is a consequence of the random sampling of committees.
これは、委員会の無作為抽出の結果である。

If the network splits in two halves of more or less the same size, this will automatically  cause the random beacon to pause within a few blocks so that none of the sides can continue.
ネットワークが同じサイズの2つの半分に分割すると、自動的にランダムなビーコンが数ブロック内で一時停止して、いずれの側面も継続できなくなります。

The random beacon will automatically resume once the network reconnects.
ランダムビーコンは、ネットワークが再接続すると自動的に再開します。

If the network splits in a way that one component is significantly larger than half of the network, the protocol may continue in that one large component but will pause in all other components.
ネットワークが1つのコンポーネントがネットワークの半分よりも大幅に大きい場合、プロトコルはその1つの大きなコンポーネントで続行されますが、他のすべてのコンポーネントでは中断されます。

Network splits can not only occur when the communication is interrupted.
ネットワークスプリットは、通信が中断したときだけでは発生しません。

Another important and even more realistic case is when there are multiple implementations of the Dfinity client and they disagree due to the exposures of a bug.
Dfinityクライアントの複数の実装があり、バグの影響によりそれらが一致しない場合には、もう一つの重要かつ現実的なケースがあります。

Dfinity handles this case gracefully. Dfinityはこのケースを正常に処理します。

If there are two clients in evenly widespread use and they start to disagree, then both clients will pause.
均等に広く使用されているクライアントが2つあり、それらが一致しなくなると、両方のクライアントが一時停止します。

If there are many evenly spread clients and one starts to disagree from all the others, then the network will likely continue and only the isolated client will pause.
多数のクライアントが均等に分散していて、他のすべてのクライアントに同意しない場合、ネットワークは続行され、隔離されたクライアントだけが一時停止します。

This is exactly the desired behavior in the given scenarios.
これは、指定されたシナリオではまさに望ましい動作です。

Other blockchains do not handle this case well and the occurrence of such an event poses a real threat to them.
他のブロックチェーンはこのケースをうまく処理せず、そのようなイベントの発生はそれらに本当の脅威を与えます。

The reason is that these chains put too much emphasis on availability rather than consistency.
その理由は、これらのチェーンが一貫性よりも可用性を重視するためです。

Paper organization. ペーパー構成。

§ 3 presents a high-level view of the protocol.
§3は、プロトコルの概要を示しています。

§ 4 specifies our system, communication and threat models and introduces relevant notations.
§4は、システム、コミュニケーション、脅威モデルを指定し、関連する表記を導入しています。

§ 5-7 describe the probabilistic slot protocol and random beacon protocol in detail.
§5-7は、確率的スロットプロトコルとランダムビーコンプロトコルを詳細に記述する。

§ 8.1 introduces the Threshold Relay technique which allows the protocols to be safely executed by pre-configured committees rather than by all replicas.
§8.1では、すべてのレプリカではなく、あらかじめ設定された委員会によってプロトコルを安全に実行できるようにするスレッショルドリレー技術を導入しています。

§ 8.2 describes the open participation model which allows members to join and leave the protocol over time.
§8.2では、メンバーが時間の経過とともに議定書に加盟することを許可するオープン参加モデルについて説明しています。

Finally, § 9 provides the security and correctness proofs for the Dfinity protocol.
最後に、§9は、Dfinityプロトコルのセキュリティと正確性の証明を提供します。

3  A HIGH-LEVEL VIEW OF THE CONSENSUSPROTOCOL 3コンセンサスプロトコルの高レベルビュー

Roles.  役割。

The Dfinity peer-to-peer network consists of clients connected by a broadcast network over which they can send messages to everyone.
Dfinityピアツーピアネットワークは、ブロードキャストネットワークによって接続されたクライアントで構成され、そのネットワークを介して全員にメッセージを送信できます。

Clients fulfill three active functions: (a) participate in the decentralized random beacon, (b) participate in the decentralized notary, (c) propose blocks.
クライアントは、(a)分散型ランダムビーコンに参加する、(b)分散した公証人に参加する、(c)ブロックを提案する、3つのアクティブな機能を果たす。

Clients also observe blocks and build their own view of the finalized chain.
クライアントはまた、ブロックを観察し、最終的なチェーンの独自のビューを構築します。

Committees and Threshold Relay. 委員会と閾値リレー。

To improve scalability, the random beacon and notary are run by acommittee.
スケーラビリティを向上させるために、ランダムビーコンと公証人は、委員会によって運営されています。

In a small scale network the committee can be the set of all clients.
小規模なネットワークでは、委員会はすべてのクライアントのセットになることができます。

In a large scale network, the committee is smaller than the set of all clients and changes from round to round (i.e., from block to block).
大規模なネットワークでは、委員会はすべてのクライアントの集合よりも小さく、ラウンドからラウンドへ(すなわち、ブロックごとに)変化する。

The random beacon output in one round chooses the committee for the next round according to the threshold relay technique described in § 8.1.
1ラウンドでのランダムビーコン出力は、8.1節で説明した閾値リレー技術に従って次のラウンドの委員会を選択する。

The committee size is configured based on a failure probability calculation (see § 4.2.4).
委員会の規模は、故障確率計算に基づいて構成されている(4.2.4参照)。

Block ranking. ブロックランキング。

If we abstract away the decentralized aspect of the random beacon and notary then the consensus protocol is depicted in Fig. 2.
ランダムビーコンと公証人の分散された側面を抽象化すると、コンセンサスプロトコルが図2に示されている。

The protocol proceeds in rounds such that there is a one-to-one correspondence between the round number and the position (called height) in the chain.
プロトコルは、ラウンド数とチェーン内の位置(高さと呼ばれる)との間に1対1の対応があるようにラウンドを進めます。

At the beginning of round r, the randomness beacon produces a fresh, verifiable random value and broadcasts it to the network (Fig. 2, step 1).
ラウンドrの始めに、ランダム性ビーコンは新しく検証可能なランダム値を生成し、それをネットワークにブロードキャストする(図2、ステップ1)。

The random beacon output for round r, denoted by ξr, determines a priority ranking of all registered clients.
ラウンドrのランダムビーコン出力(ξrで示される)は、登録されたすべてのクライアントの優先順位を決定する。

Any client can propose a block but a higher priority level of the client means a higher chance that the block will get notarized and that block makers in the subsequent round will build on top of it.
どのクライアントもブロックを提案することができますが、クライアントの優先度が高いほど、ブロックが公証され、次のラウンドのブロックメーカがその上に構築される可能性が高くなります。

Notarization. 公証。

Once a client sees a valid ξr, it pools transactions collected from users into a block candidate and sends it to the notary (Fig. 2, step 2).
クライアントが有効なξrを見たら、ユーザーから収集したトランザクションをブロック候補にプールし、それを公証人に送ります(図2、ステップ2)。

The notary waits for a specific constant time (Block Time) to receive the proposed blocks.
公証人は、提案されたブロックを受信する特定の一定時間(ブロック時間)を待つ。

Then, the notary runs the ranking mechanism based on the random beacon, chooses the highest-ranked block, and signs and broadcasts it (Fig. 2, step 3).
次に、公証人はランダムビーコンに基づいてランキング機構を実行し、最高ランクのブロックを選択し、それに署名してブロードキャストする(図2、ステップ3)。

As soon as clients receive a notarized block, they use it to extend their copies of the blockchain thereby ending round r in their respective views.
クライアントが公証されたブロックを受け取るとすぐに、ブロックチェーンのコピーを延長してラウンドrをそれぞれのビューで終了させます。

Finally, the random beacon broadcasts ξr+1 which marks the beginning of a new round.
最後に、ランダムビーコンは、新しいラウンドの開始を示すξr+ 1をブロードキャストする。

Figure 2: High-level overview on the system components.
1. The random beacon in round r produces random output ξr.
2. The block maker(s) selected deterministically by ξr propose block(s) for round r.
3. The decentralized notary notarizes the block(s) of the preferred block maker(s).
4. The random beacon advances to round r+1 upon seeing a notarized block from round r.
図2:システムコンポーネントの概要。
1.ラウンドrのランダムビーコンは、ランダム出力ξrを生成する。
2.ξrによって決定論的に選択されたブロックメーカは、ラウンドrのブロックを提案する。
3.分散された公証人は、優先ブロックメーカ(単数または複数)のブロックを公証する。
4.ランダムビーコンは、ラウンドrから公証されたブロックを見ると、ラウンドr + 1に進む。

Decentralized Random Beacon.  分散型ランダムビーコン。

The random beacon protocol is completely decentralized and operated by all clients in the committee together.
ランダムビーコンプロトコルは、完全に分散され、委員会のすべてのクライアントによって一緒に操作されます。

Nevertheless from the outside (i.e., looking only at the outputs produced and the timing of the outputs), the beacon behaves like a trusted third party.
それにもかかわらず、外部から(すなわち、生成された出力と出力のタイミングだけを見ると)、ビーコンは信頼できる第三者のように振る舞う。

We emphasize that the committee does not need to run a Byzantine agreement protocol for every output that the beacon produces.
我々は、委員会が、ビーコンが生産するすべての生産物に対してビザンチン協定プロトコルを実行する必要はないことを強調する。

Instead, agreement on each of the beacon’s output is automatic because of the uniqueness property of our threshold signature scheme.
代わりに、各ビーコンの出力の一致は、しきい値シグネチャスキームの一意性のために自動です。

This explains how the random beacon can run at such high speed, and thereby the Dfinity blockchain can achieve such a low block time.
これは、ランダムビーコンがどのように高速で実行できるかを説明し、Dfinityブロックチェーンがこのような低いブロック時間を達成できるようにします。

Decentralized Notary.  分権化された公証人。

As was the case for the random beacon, the notary is completely decentralized and operated by all clients in the committee together and its behavior as a whole can be equated to a trusted third party.
公証人は、ランダムビーコンの場合と同様に、完全に分権化されており、委員会のすべてのクライアントによって運営されており、その全体の行動は信頼できる第三者と同等とみなすことができます。

However, unlike the random beacon, the notary seeks to agree on live input – a block – rather than on a pseudorandom number.
しかし、公証人は、ランダムビーコンとは異なり、ライブ入力(擬似乱数ではなくブロック)に同意します。

There is no “magic” cryptography available for this, so a full Byzantine agreement protocol would be the only option.
このために利用できる「魔法の」暗号はないので、完全なビザンチン合意プロトコルだけが選択肢になります。

But instead of doing that, the Dfinity notary merely runs an optimistic protocol which achieves consensus “under normal operation” though may sometimes notarize more than one block per round.
しかし、これを行う代わりに、Dfinity公証人は単に楽観的な議定書を実行し、「通常の操作の下で」コンセンサスを達成しますが、ラウンドごとに複数のブロックを公証することもあります。

If this happens, Dfinity’s chain ranking algorithm will resolve the fork and finality can be achieved in a subsequent normal round.
このような場合は、Dfinityのチェーンランキングアルゴリズムがフォークを解決し、その後の通常ラウンドでファイナリティを達成できます。

The optimistic protocol is non-interactive and fast, hence the notary can run at the same speed as the random beacon.
楽観的プロトコルは非インタラクティブかつ高速であり、従って公証人はランダムビーコンと同じ速度で走ることができる。

 

 

続きは「DFINITY(DFN)ホワイトペーパー日本語訳②」になります。
作成次第アップします。

Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
ポチッとシェアをお願いします
自己完結型のお小遣い稼ぎ