Change(CAG)ホワイトペーパー2.0日本語訳




前の記事で継続的な収入が得られる、Changeというプロジェクトを紹介しました。

その後、ホワイトペーパーが更新されホワイトペーパー2.0として公開されました。

英語のホワイトペーパーのテキストをコピーしてグーグル翻訳にペーストしながら読もうとしたところ、テキストデータが上手くコピーできない・・・

ということで、テキストを書き起こしてみましたので、公開しておきます。
書き起こした英語グーグル翻訳翻訳した日本語を載せておきますが、書き起こした内容に誤りがあるかもしれません。

原本と合わせてご確認ください!
ホワイトペーパー2.0

ちなみに、ChangeのトークンCAGを保有する目的に、カードとマーケットプレイスプレイスの利益からの配分がありますが、ホワイトペーパー2.0にはその詳細の記載がありません。
これはTenXなども直面している、法規制の問題を回避するためです。

しっかりと方向性が定まってから記載されることが明言されていますので、ご安心を!

Roadmap ロードマップ

As a customer-first company, Change is constantly adapting and learning from our users.
We follow a build-measure-learn methodology based on validated learning, which entails shipping fast, getting customer feedback, and iterating.
We prioritise ruthlessly between and within projects to deliver the maximum possible value to customers at all times.
As a result, the roadmap below is indicative.
It relies heavily on what we learn from our customers and might therefore take a different course over the next few years.
The highlighted features are expected to be delivered in Q1 2018.

2016:
Change founded in Singapore
Angel funding $200,000

2017:
Prototype testing
$17.5 million raised
World media attention
CAG listed on exchanges
Change Wallet experiment
Card service infrastructure

2018:
Performance and security updates
Development of crypto conversion
Regulatory preparations
Crypto wallet launch
Simple crypto conversions
Marketplace beta
ERC20 support
Change Card shipment
European Payment license
Fiat currency wallet & IBAN numbers

iOS and Android Apps 2019

Banking License 2020

顧客先の企業として、Changeはユーザーから常に適応し、学習しています。
私たちは、実証済みの学習に基づくビルド・メジャー・ラーニング手法を採用しています。これは、迅速な出荷、顧客からのフィードバックの取得、および反復を伴います。
私たちはプロジェクト間で無慈悲に優先順位を付け、顧客に最大限の価値を常に提供します。
その結果、以下のロードマップが参考になります。
それは私たちが顧客から学んだことに大きく依存しているため、今後数年間は別のコースを取るかもしれません。
ハイライトされた機能は、2018年第1四半期に提供される予定です。

2016年:
シンガポールに設立変更
エンジェル資金提供$ 200,000

2017年:
プロトタイプテスト
1750万ドル
世界のメディアの注目
取引所に上場しているCAG
ウォレットのテストを変更する
カードサービスインフラ

2018年:
パフォーマンスとセキュリティの更新
暗号変換の開発
規制準備
暗号化ウォレットの起動
シンプルな暗号変換
マーケットプレースベータ版
ERC20のサポート
カード出荷の変更
欧州支払いライセンス
フィアット通貨ウォレットとIBAN番号

iOSとAndroid Apps 2019

銀行業務免許2020

Purpose 目的

Technology continues to impact the way we live our lives.
It brings us that were once beyond our imagination.
The internet has shaped humanity and has empowered individuals with instant access to open network of shared knowledge.
It has created a new set of rules for businesses, schools, and government bodies, and has given everyone the chance to learn and share valuable ideas.

In recent years, the adoption of blockchain technology has paved the way for a new era of internet.
A revolution towards decentralization and transparency, bound to challenge the status-quo.
In finance, the applications are endless.
Young startups are bringing together finance and technology, creating fascinating projects to compete with traditional banks and legacy financial institutions.
This democratization of financial services means more freedom, less fees, and better services for everyone.

At Change, we strive to lead this revolution.
Our team, partners, and advisors, have long been active contributors to the growth of the global Fintech scene.
As ambitious, success-driven entrepreneurs, we are dedicated to creating a global finace platform that brings everyone closer to their finances in a transparent and engaging way.

Banks from all over the world are letting their users down.
High fees, show and outdated processes, and lack of transparency result in a poor user experience.
We believe people should be more connected with their finaces, managing their funds and investments in a seamless way.
We believe that we can make money simple, and that is the biggest contribution we can ever make to the world of modern finance.

テクノロジーは、私たちの生活を変え続けています。
かつて私たちの想像を超えていたのです。
インターネットは形作られた人間性を持ち、個人に共有知識のオープンネットワークへの即時アクセスを可能にしました。
企業、学校、政府機関のための新しいルールを作成し、皆に貴重なアイデアを学び共有する機会を与えました。

近年、ブロックチェーン技術の採用により、インターネットの新しい時代の道が開けました。
地方分権化と透明化への革命、現状維持に挑戦する。
ファイナンスでは、アプリケーションは無限です。
若いスタートアップは、財務と技術を結集し、伝統的な銀行や旧金融機関と競争する魅力的なプロジェクトを作り出しています。
この金融サービスの民主化は、より多くの自由、より少ない手数料、よりよいサービスを全員に提供します。

Changeでは、私たちはこの革命をリードするよう努めています。
私たちのチーム、パートナー、アドバイザーは、世界中のFintechシーンの成長に貢献してきました。
野心的な、成功主義の起業家として、私たちは誰もがより透明で魅力的な方法で財政に近づくグローバルな財務基盤を構築することに専念しています。

世界各地の銀行がユーザーを失望させています。
手数料の高さ、プロセスの表示と時代遅れ、透明性の欠如は、ユーザーエクスペリエンスの低下につながります。
私たちは、人々がより多くの面接につながり、資金と投資をシームレスに管理する必要があると考えています。
私たちは、お金をシンプルにすることができると信じています。それは、現代金融の世界にこれまでにできる最大の貢献です。

Problem 問題

Finance must be reimagined

Traditional banks and legacy financial institutions are unable to respond to the evolving needs of customers interested in managing their everyday finances.
Customers face slow and expensive services, powered by outdated technology.
This institutional failure to provide customer-centric services has powered a new generation of financial technology companies to reimagine the ways people manage their funds, make payments, invest, and buy insurance products.

Currency conversion

Money is represented by different currencies, with conversion rates that vary on a daily basis due to market forces.
Customers who often utilize multiple currencies face slow conversion times and poor rates due to hidden fees.
Moreover, banks do not support all currencies in the world, such as cryptocurrencies.

Money transfers

Remittances may take days to complete and transaction fees are high.
Cryptocurrencies have introduced a smarter and cheaper way to transfer value all around the world.
Legacy financial institutions refuse to embrace this new paradigm.

Fees

Customer deposits give banks access to low cost capital, which then is invested to generate substantial returns.
Not only are banks profiting from people’s deposits, they are also charging a multitude of hidden fees to their customers such as transaction fees, conversion fees, insufficient funds fees, and annual fees.
New entrants are adopting a contrasting approach, making their basic offerings free of charge and capitalizing on value-added services.

Customer experience

71% of millennials would rather go to the dentist than listen to a bank’s message.
Banks are failing at simplifying the most common tasks such as checking balance, sending money to friends, locking the card in case of theft, among many others.
Banks make personal finance boring and tedious, providing mediocre customer support to their users.

Illusion of choice

Banks overcomplicate their product offerings, creating dozens of nearly indistinguishable services.
For the customer, this results in limited options for everyday financial services.
This one size fits all approach to banking fails to recognise the different needs of various customer groups.
Research shows that customers are unaware of the potential benefits of competitive financial services, and yet would prefer to pay less or get access to better offerings for the same price point.

財政は再考されなければならない

伝統的な銀行や伝統的な金融機関は、毎日の財務管理に関心を持つ顧客のニーズの変化に対応することができません。
顧客は、時代遅れの技術を利用して、遅くて高価なサービスに直面しています。
顧客中心のサービスを提供するこの制度的な失敗は、人々が資金を管理し、支払いを行い、投資し、保険商品を購入する方法を再考するために、新世代の金融テクノロジー企業を支援してきました。

通貨換算

お金は異なる通貨で表され、換算レートは市場力により日々変化します。
複数の通貨を利用することが多い顧客は、変換時間が遅く、隠れた料金のために料金が低くなります。
さらに、銀行は、世界のすべての通貨、例えば暗号化通貨をサポートしていません。

送金

送金には数日かかることがあり、取引手数料は高くなります。
Cryptocurrenciesは、世界中の価値をよりスマートで安価に伝える方法を導入しました。
従来の金融機関はこの新しいパラダイムを受け入れない。

料金

顧客預金は、銀行に低コストの資本にアクセスし、実質的な収益を生み出すために投資されます。
銀行は人々の預金から利益を得ているばかりでなく、取引手数料、転換手数料、不十分な資金手数料、年間手数料など、多くの隠された手数料を顧客に請求している。
新規参入者は、対照的なアプローチを採用しており、基本的な提供を無償で行い、付加価値サービスを活用しています。

カスタマーエクスペリエンス

ミレニアムの71%は銀行のメッセージに耳を傾けるよりもむしろ歯科医に行くだろう。
銀行は、残高の確認、友人への送金、盗難時のカードのロッキングなど、最も一般的なタスクを簡素化することに失敗しています。
銀行は個人金融を退屈で面倒なものにし、ユーザーに平凡な顧客サポートを提供します。

選択の幻想

銀行は製品の提供を複雑にし、数十もの区別がつかないサービスを作り出しています。
顧客にとって、これは毎日の金融サービスのための限られたオプションをもたらします。
この1つのサイズは、銀行へのすべてのアプローチに適合し、さまざまな顧客グループのさまざまなニーズを認識することができません。
調査によれば、顧客は競争的な金融サービスの潜在的な利益に気づいていませんが、同じ価格帯でより少ないサービスを提供したり、より良いサービスを利用したりすることを好むでしょう。

Product 製品

Change Wallet

Change’s multi-currency wallet is the cornerstone of the Change ecosystem, a digital one-stop-shop for personal finance.
It allows users to manage their funds, make transactions and payments, and access a multitude of financial services.

Multi-currency wallet

Change Wallet supports a growing number of currencies.
In addition to the current support of Bitcoin, Ether, and Litecoin, 2018 will see the introduction of ERC20 tokens – including the Change Token – and an array of fiat currencies such as the Euro and the Dollar.
Change Wallet provides a simple and intuitive way to manage different currencies, including storing, sending and receiving.
Change’s network and support for different cryptocurrencies makes value transfers fast, inexpensive, and permissionless.

Converting currencies

Change aims to bridge the gap between fiat and cryptocurrencies by enabling customers to seamlessly exchange between currencies.
With near-term plans to become a crypto exchange, Change will facilitate the purchase of cryptocurrencies and make it easier for users to manage their holdings.
Change Wallet makes currency conversion simple with a one-click conversion process and transparent conversion rates.

Mobile first

Change Wallet is a mobile application with no physical branches.
This solves three major limitations faced by traditional banks.
First, it makes for a better user experience.
Enabling users to handle all their matters via App means no more trips to the bank, no more queues, and no more short opening hours.
Second, it makes basic financial services accessible to millions of people around the world who still live without a bank account.
Third, maintaining physical branches is one of the largest expenses of traditional banks.
Having a lean, mobile-only offer allows Change to keep costs minimal and therefore charge significantly lower fees.

Global onboarding

As a global finance company, Change aims to onboard customers from all over the world in record time.
Change has also partnered with the most advanced digital society in the world, the e-Residency initiative by the government of Estonia.

Change Card

The Change Card enables purchases with any of the supported currencies in all online and offline locations around the world where cards are accepted.
For both payments and ATM withdrawals, Change enables the user to choose the currency to be deducted from the Wallet.

Change Card is available for preorder for free.
At the present moment, only EU citizens are eligible for this offer, but Change plans to make Change Card available in more regions in due time.

Removing friction between currencies
No hidden fees
Track expenses in-App
Free pre-order for EU citizens
Payments worldwide
Exclusive benefits and reward

Change Marketplace

Banks have centralized all financial services and present themselves as “jacks of all trades”.
This has caused them to grow into slow-moving behemoths, reactionary as their resources are spread over several different areas.
In opposite to traditional banks, specialization enables Fintech companies to make use of cutting edge technology and advanced business models to produce better results in individual financial services through.

Take the example of Lending Club, a billion dollar company that specializes in bringing together creditworthy borrowers and savvy investors.
Lending Club is able to facilitate loans at a faster speed and a lower cost when compared to banks.
Another example is Smartly, a Singapore-based robo-advisor that uses algorithms to create personalized investment portfolios consisting of stocks, bonds, real estate, and gold.
These state-of-the-art portfolios cost a fraction of existing solutions and allow users to invest as little as 50 dollars.

Not only do these companies produce better results, they also don’t have to support the complex cost structures of established financial institutions, avoiding expenses such as outdated physical branches and armies of bureaucrats.
Our core proposition is to bundle all these Fintech companies into a global marketplace.
This allows them to concentrate on their areas of expertise while Change focuses on linking these services, resulting int the provision of an all-in-one financial service which is much leaner and performs better than traditional banks.

Change’s value lies in re-bundling unbundled financial services, benefiting both users and Fintech companies.
Through Change’s financial marketplace, customers can access a multitude of financial services, such as investments, insurance products, loans and among others.
Since Change uses blockchain technology and cryptocurrencies to deliver this proposition, users’ privacy and security are ensured.
It also enables the allocation of funds to financial services based in foreign cuntries, avoiding the complex processes and bureaucracy of traditional banks, bringing to life the concept of truly borderless finance.
Fintech companies benefit from joining the Change Marketplace as they are able to present their products to users of the Change app, global companies, expanding their user base and reaching millions.

ウォレットを変更する

Changeのマルチ通貨ウォレットは、個人金融向けのデジタルワンストップショップであるChangeエコシステムの基盤です。
これにより、ユーザーは資金を管理し、取引と支払いを行い、多数の金融サービスにアクセスすることができます。

マルチ通貨ウォレット

Change Walletは、ますます多くの通貨をサポートしています。
Bitcoin、Ether、Litecoinの現在のサポートに加えて、2018年にはChange Tokenを含むERC20トークンとユーロとドルなどの一連の金額の通貨が導入されます。
Change Walletは、保管、送信、受信など、さまざまな通貨を簡単かつ直感的に管理する方法を提供します。
Changeのネットワークと異なる暗号化通貨のサポートにより、価値の移転は迅速、安価、無用になります。

通貨の換算

顧客が通貨間を円滑に交換できるようにすることにより、金銭的価値と暗号化通貨の間のギャップを埋めることを目指します。
近い将来、暗号交換になる予定で、Changeは暗号化通信の購入を容易にし、ユーザが自分の持ち物を管理しやすくします。
Change Walletを使用すると、ワンクリックのコンバージョンプロセスと透明なコンバージョン率で通貨のコンバージョンが簡単になります。

最初のモバイル

Change Walletは、物理ブランチのないモバイルアプリケーションです。
これは、伝統的な銀行が直面する3つの大きな制限を解決します。
まず、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。
ユーザーがAppを介してすべての問題を処理できるようにするということは、銀行へのトリップ、キューの追加、営業時間の短縮を意味しません。
第二に、世界中の何百万人もの人々が、銀行口座なしで生活している基本的な金融サービスにアクセスできるようにします。
第三に、物流を維持することは、伝統的な銀行の最大の経費の1つです。
リーンでモバイル専用のサービスを提供すると、変更によりコストを最小限に抑えることができ、料金を大幅に下げることができます。

グローバルオンボーディング

グローバル・ファイナンス企業として、Changeは世界各地の顧客を記録的な時間内に乗り越えることを目指しています。
変化はまた、エストニア政府のe-レジデンシーイニシアチブである世界で最も先進的なデジタル社会と提携しています。

カードの変更

カードを変更すると、カードが受け入れられる世界中のオンラインとオフラインのすべての場所で、サポートされている通貨での購入が可能になります。
支払いとATM引き落としの両方について、Changeを使用すると、ユーザーはウォレットから差し引かれる通貨を選択できます。

チェンジカードは無料で予約注文可能です。
現時点では、EU市民のみがこのオファーを受けることができますが、Changeは予定より多くの地域でチェンジカードを利用できるよう計画しています。

通貨間の摩擦を除去する
隠し手数料なし
アプリケーション内の費用を追跡する
EU市民のための無料プリオーダー
世界中の支払い
独占的なメリットと報酬

マーケットプレイスの変更

銀行はすべての金融サービスを集中化し、「すべての取引のジャック」としています。
これにより、彼らは資源がいくつかの異なる領域に広がっているので、反動的にゆっくり動く巨大動物に成長しました。
伝統的な銀行とは対照的に、専門化により、Fintech企業は、最先端のテクノロジーと先進的なビジネスモデルを活用して、個々の金融サービスを通じてより良い成果を生み出すことができます。

信用度の高い借り手と精通した投資家を集めることを専門とする10億ドルの企業である貸出クラブの例を挙げる。
貸出クラブは、銀行と比較してより迅速かつ低コストで貸付を促進することができます。
もう1つの例は、シンガポールに本拠を置くRobo-Advisorであり、株式、債券、不動産、金からなる個人投資ポートフォリオを作成するアルゴリズムを使用した例です。
これらの最先端のポートフォリオは、既存のソリューションの一部にコストがかかり、ユーザーはわずか50ドルも投資することができます。

これらの企業はより良い結果を生み出すばかりでなく、既存の金融機関の複雑なコスト構造をサポートする必要もなく、時代遅れの官僚の軍隊や官僚の軍隊などの費用を避けることができます。
私たちの中核的な提案は、これらすべてのFintech企業をグローバル市場に集約することです。
これにより、専門分野に集中できる一方で、Changeはこれらのサービスを結びつけることに焦点を当て、従来の銀行よりもはるかに機能し、優れたパフォーマンスを発揮するオールインワンの金融サービスを提供します。

変更の価値は、バンドルされていない金融サービスを再バンドルすることにあり、ユーザーとFintechの両者に利益をもたらします。
Changeの金融市場を通じて、顧客は投資、保険商品、ローンなどの多数の金融サービスにアクセスすることができます。
Changeはブロックチェーンテクノロジと暗号化通貨を使用してこの命題を実現するため、ユーザーのプライバシーとセキュリティが保証されます。
また、外国銀行に基づく金融サービスへの資金配分を可能にし、伝統的な銀行の複雑なプロセスと官僚主義を避け、本当にボーダレスな金融の概念を生き生きとさせる。
Fintechの企業は、変更アプリ、グローバル企業のユーザー、ユーザーベースの拡大、および数百万に達するユーザーに製品を提供できるため、Change Marketplaceに参加することで利益を得ています。

Toekn トークン

As a community-driven project, it is critical to us that our supporters have the option to contribute towards the materialization of our vision.
For This reason, we have launched Change Token(CAG), an ERC20 utility token on the Ethereum blockchain.

The total supply of CAG is 79,184,116, and no more tokens can ever be created.
All transactions are recorded on an immutable public ledger and can be tranced back to their origin.

Token Distribution

While 40% of the total supply of CAG is held by the community, the remaining 60% shall be allocated towards research, development, bounties, early investors, advisors, partnership, team, future employees, and Change’s sustainability reserve –
D non-profit token pool that ensures token liquidity across services.

Use of Funds

Product development: 30%
Licensing, integrations, and partnerships: 25%
Non-technical manpower: 20%
Marketing: 20%
Network liquidity: 5%

Token Rewards

As of now, Change has no intentions to revise the current reward structure.
We will be working with the local regulators to fit CAG’s utility coin concept within the legal framework.
Future versions of the white paper will soon shed more light on the topic.

Storing and Trading CAG

We recommend using MyEtherWallet to store your Change Tokens.
To trade CAG, visit one of the following exchanges: KuCoin, BiBox, or OKEx.

コミュニティ主導のプロジェクトとして、私たちの支持者は私たちのビジョンの実現に貢献する選択肢を持っていることが重要です。
このため、EthereumブロックチェインにERC20ユーティリティトークンのChange Token(CAG)を導入しました。

CAGの総供給量は79,184,116であり、トークンをこれ以上作成することはできません。
すべての取引は不変の元帳に記録され、元の元に戻すことができます。

トークンの配布

CAGの総供給量の40%はコミュニティによって保有されているが、残りの60%は研究、開発、奨励金、初期投資家、顧問、パートナーシップ、チーム、将来の従業員、
サービス間でトークンの流動性を保証する非営利目的のトークンプールです。

資金の使用

製品開発:30%
ライセンス、統合、パートナーシップ:25%
非技術人材:20%
マーケティング:20%
ネットワーク流動性:5%

トークンリワード

現時点では、Changeは現在の報酬構造を改訂するつもりはない。
私たちは法的枠組みの中でCAGのユーティリティコインのコンセプトに合うように、地方の規制当局と協力して作業する予定です。
ホワイトペーパーの将来のバージョンでは、すぐにそのトピックについてより多くの光を当てるでしょう。

CAGの保管と取引

MyEtherWalletを使用して変更トークンを保存することをお勧めします。
CAGを取引するには、KuCoin、BiBox、またはOKExのいずれかの取引所にアクセスしてください。

Partnership With e-residency e-レジデントとのパートナーシップ

This is a strategic partnership for both sides in many ways.
In the short term, Change’s services become available to the 27,000+ global nomads who are already e-residents.
In the long run, such partnership with the government serves as a strong validation for its concept and differentiates Change from other propositions in the field.

Through the creation of digital identities, Change could potentially serve many of the underbanked around the world who have no means paper identification and thus, cannot access financial services.
Furthermore, the creation of digital identities allows Change’s network to be linked and users only need one point of access to be able to utilize all third-party services on the platform.
This is the key towards achieving our vision of changing the future of finance through our financial ecosystem.

“Digital Identity is one of the keys to solving financial inclusion and we are excited to take the first step with Change”
– Ott Vater, Global Head of e-Residency

これは多くの点で両国にとって戦略的パートナーシップです。
短期的には、Changeのサービスは、既に電子住民である27,000以上のグローバルな遊牧民が利用できるようになります。
長期的には、そのような政府とのパートナーシップは、そのコンセプトの強力な検証として役立ち、その分野の他の命題からの変化を区別する。

デジタルアイデンティティの創造を通じて、変化は世界中のアンダーバンキングされた人々の多くに役立つ可能性があり、紙の識別手段を持たず、したがって金融サービスにアクセスすることができません。
さらに、デジタルIDを作成することで、Changeのネットワークをリンクすることができ、ユーザーはプラットフォーム上のすべてのサードパーティサービスを利用できるように、1つのアクセスポイントのみが必要となります。
これは金融の生態系を通じて財務の未来を変えるというビジョンを達成するための鍵です。

「デジタルアイデンティティは財政的な取り組みを解決するための鍵の1つであり、私たちは変化の第一歩を踏み出すことに興奮しています」
– Ott Vater、e-レジデンシーのグローバルヘッド

Media メディア

Since we first started, we’ve been focused on building a strong reputation.
Showcasing our vision to large audiences all over the globe is one of our greatest priorities.
So far, we have been featured in dozens of tech outlets, and we’ve been live on channels such as CNBC, BBC, and ChannelNewsAsia.
私たちが始めた当初から、私たちは強い評判を確立することに集中してきました。
世界各地の大衆に私たちのビジョンを示すことは、私たちの最大の優先事項の1つです。
これまでのところ、私たちは数多くの技術店に紹介されており、CNBC、BBC、ChannelNewsAsiaなどのチャンネルでライブを行っています。

 

Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
ポチッとシェアをお願いします